ブログ

木工パネル?イージーシステムパネル?イベントによって変わるバックパネル

都内近郊で様々なイベントの施工を承っております東真です。

展示会や記者会見、様々なイベントで活用されるバックパネルですが、一口にバックパネルと言っても、種類は大きく2つ「イージーシステムパネル」と「木工用パネル」がございます。

今回はそれぞれのメリットを挙げた上で、ご活用やシーンに合わせたお選び方をお伝えしていきたいと思います。

簡単な仕組み、買取もできる「イージーシステムパネル」

まず、それぞれの特徴を見ていきましょう。

まずは、イージーシステムパネルです。

イージースステムパネル
【メリット】

最大の特徴は、1人でも簡単に組み立てが可能であること、そして、何回も使用できることにメリットを見出せます。

また、費用面に関して言えば木工パネルよりも「安い」のも良い点です。

【デメリット】

強いて悪い点を上げるなら、木工パネルと比較した時に安っぽく見えてしまうことが挙げられるでしょう。
と、いうのも基本的に印刷面には工事現場のシートや横断幕に使用されることの多い素材「ターポリン」を使用しているためです。

ターポリンを使用することで、折り曲げたりしてしまうとその部分に跡がつきます。「たたんだ折り紙に跡がついてしまう」ことと変わりません。

加え、側面から回り込むとフレームが見えてしまうから、お客様から見たら綺麗には写らないことも安っぽく見えてしまうことの一因です。

しかし、「レンタル」としているイージーシステムパネルはご利用になられた後、「買取」という形にもできますし、実際に弊社は納品の後、クライアント様の所有物になる買取を推奨しています。

安っぽく見えてしまうことはその反面、イージーシステムパネルが”かさばらない”ことを意味しているので保管に場所もとりません。
自社で「バックパネル」を保有、同じパネルが必要になる回数が多いお客様にお勧めしております。

「綺麗!高級感!」を求めるのであれば木工パネルを強く推奨

木工パネル

【メリット】
次に「木工パネル」の概要説明ですが、最大の特徴はまず「見栄え」。
イージーシステムパネルと比較した時、バックパネルとしてのクオリティが高いことが挙げられます。

イージーシステムパネルとは違い、木工パネルは「レンタル」のみのお取り扱いになりまが、木工パネルは「ご注文」より弊社の職人が施工、「撤去」までがレンタルに含まれます。

ディスプレイは襖(ふすま)を張るのにも用いられる「経師紙(きょうじがみ)」を職人が丁寧に貼り付けて行います。施工方法は「水っ張り」といい、障子の様な貼り方をするため下地の木目にもきれいに貼り付きシワのない豪華な仕上がりになります。

【デメリット】
一方、悪い点を挙げるのであれば、施工時間1時間〜2時間かかることと、イージーシステムパネルと比べて金額がかかるという点です。
※木工パネルについての詳しい情報・金額は下記リンクをご参照ください!

イベントごとに見る両者の得意なフィールド

両者のメリット・デメリットを見てきましたが、それではどんな機会にどちらがオススメと言えるでしょうか?イベント毎に見ていきたいと思います。

【イージーシステムパネル】

イージーシステムパネルが活躍するのは、”回数の多い”イベントです。
たとえば、ある程度の期間連続して行われる「街頭キャンペーン」などに毎回木工用パネルを組み立てるとなると、費用面はどうしても負担がかかってきてしまいます。

また、上記の通り、イージーシステムパネルは1人でも簡単に組み立てることができるので、設営時間を取ることがありません。タイトなスケジュールなイベントにおいても活躍を期待できるでしょう。

【木工用パネル】

木工パネル用パネルはお客様の目を意識した”大規模なイベント”などで活躍することができ、オススメをしております。

上記に書いた特徴通り、「高級感」を醸し出せる施工はイベントの格式を一気に上げてくれます。

出来上がってからパネルの種類で後悔されたお客様も

弊社が先日依頼を受けた大手アプリ開発会社のイベントにおいては、イージーシステムパネルと木工用パネルの両方が設営、使い分けをご希望されておりました。

メインステージには大きな「イージーシステムパネル」が設置され、 「木工パネル」は来場者の入り口に設置されたのです。

「あれ?見栄えがいいのであれば、メインステージに木工パネルを施工するのではないか?」
と思われた方がいるかもしれません。弊社もはじめ疑問に感じておりました。

そしてやはり、施工が終わった後に管理者の人と撤去の段取りの確認を進めている際、その管理者のさらに上の人がやってきて、

「メインステージのイージーシステムパネルと入り口の木工パネルを入れ替えて欲しい」
と管理者の方に指示が出されたのです。
理由はそのまま「見栄え」に依るものです。入り口のバックパネルが綺麗で、メインステージのバックパネルのクオリティが劣って見えてしまいました。

しかし、時すでに遅し……、木工用パネルは1度施工してしまったら解体・撤去をしない限り移動することができません。イージーシステムパネルと木工パネルにはそれほどまでにクオリティが段違いであるのです。

まずは用途をお聞かせください!満足のいくバックパネルをご用意します

さて、両者のバックパネルの違い、そして活躍できるイベントの1部を今日はお伝えさせて頂きました。

本日記事に書かせていただいた他にも、お客様の使用用途によってアドバイスできることがございます。まずはイベントの概要をお伝えください。間違いのないバックパネルをご用意させて頂きます。